徳島で暮らして

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

徳島で暮らして

徳島で暮らしている人々や、徳島での出来事について書いています

softbank版iPhone4sをNifmoで使えるようにする手順(要するに目次8の3GのAPN設定が出来ればOK)

これまでの格安携帯への移行 その1~8の記事と重複する箇所も多いですが、あの記事はリアルタイムにブログを書いていたので、成功したり失敗したりして分かりづらいと思います。なので、この記事だけ読んで全ての流れが分かるようにしました

私がなにやらゴチャゴチャと苦労していたのはsoftbank版iPhone4sだったからです。現在ドコモのスマホを使ってるよ…という方はSIMカードを入れ替えるだけで簡単に格安携帯に移行出来ますからね(すごく羨ましいです)。

この記事がめっちゃ役に立つ方はsoftbank iPhone4sを格安携帯にしたい…という私と同じ状況の方、Nifmoで端末動作保証されてないiPhone4sを使いたい…という方です。

※他にも動作保証されてなくても、3Gのプロファイルを準備している格安携帯会社ならいけると思います(保証は出来ませんが…)

 

動作保証されてないだけで、別にiPhone4sを使う事自体に何ら違法性はありませんのでご安心ください。

私のケースで手順を書いてあります。格安携帯会社は他にもたくさんありますがおおまかな流れは同じだと思いますので、「Nifmo」をそれぞれ皆さんが使おうと考えてる(Docomo回線を利用している)格安携帯会社に置き換えてください。

0 softbank版iPhone4s用SIMロック解除アダプタを用意する

softbank版iPhone4sだとSIMロックが掛かっているので、このままSIMカードだけ入れ替えても利用できません(既にドコモのスマホを使ってる方はDocomo系の格安携帯会社ならSIMカードを入れ替えるだけ簡単に変更できます)。

そこでスマートキング ソフトバンクiPhone4S専用 SIMロック解除アダプタ OCN(SMSなし)AX05対応というものを用意します。

なんか仰々しい名前がついてますが、現物はただの小さなトレーとちょっとしたICチップです。SMSなしって書いてますがSMSも問題なく出来ましたよ。※あくまで私の場合。全ての人がSMSが出来るかどうかはやってみないと分かりません

AU版iPhone4sの場合はまた別の商品になりますし、このKingmobile製以外にもGPPって会社の解除アダプタも評判は良いようです。iPhone5になるとまたさらに別に商品ですので、皆さんのお手持ちのiPhoneがどのキャリアのどのiPhoneなのか、それに適合する解除アダプタ(SIMロックを解除する)を用意してください。

なお、トレーに関してはKingmobileのものが程度が良いようです。アダプタに関してはGPPを使ってトレーだけKingmobileのものを使って上手くいった!…という人もいました。

面倒くさい人は、適合する機種、キャリアのものでKingmobile、GPP、両方買っておけばまず大丈夫です。それでも3000円しません。

 

1 Nifmo(格安携帯電話会社を)に決めて申し込みをする

私の場合はNifMoにしました。法人契約出来て音声通話付きの格安携帯だとグッと選択肢が狭まり、NifMoとビッグローブくらいしかない状況でした。

※現在はmineoも法人契約で音声通話付きdocomoプランのサービスを提供しています

NifMoだとビッグローブのような法人手数料(500円)を取られない分、安くなる…というのが決め手でNifMoにしました。

法人の申し込みには登記事項全部証明書などの公的書類が必要になります(申し込み日から三ヶ月以内のもの)ので手元にない会社は取得する必要があります。原本そのものを送付する必要はなくコピーの送付でOKでした。

法人の書類とは別に、私(使用者)個人の証明書も必要で、これは運転免許証と名刺のコピーを同封しました。社員がちゃんと在籍してるのかどうかを確認されるようです。

個人で契約する場合は、格安携帯会社の選択肢が多いのでどこにしたらいいのか分からなくなって悩みそうですね。色々比較してご自分の状況にあった格安携帯会社を選んでください。

2 softbank(今使ってるAU、Docomo)に転出MNP番号を発行してもらう

MNP予約番号って発行してもらうだけなら別に解約にならないし、期限がきてしまってMNP予約番号がもし流れちゃったとしても、何度でも発行してもらえるので気楽にお願いしても大丈夫です。

私、実はMNP予約番号の発行を二度やりました。最初の時はこの作業をソフトバンクショップまでわざわざ出向いてやってました。でも、NifMoからの郵便物が到着するのが遅くて次に書かれてる3のMNP手続きをする時点で、MNP予約番号の残り日数が足りなくなってしまい、最初にもらったMNP予約番号が使えないと言われてしまったんです。

そこで、二回目は手持ちのiPhone4sからソフトバンクに電話しました。私の場合、まだ最初のMNP予約番号の期限内だったので、それを破棄してもらって、改めて新しいMNP予約番号を発行してもらいました。番号の発行の時点になると、オペレーターさんから自動音声に切り替わり、SMSメールでMNP予約番号の数字をメールでくれました。ショップにわざわざ出向くよりも、電話一本で出来るこちらの方が全然ラクでしたよ。

他のキャリアは知りませんが、ソフトバンクからのMNP予約番号の取得は電話でやったほうが圧倒的にラクで、すぐにMNP予約番号が発行してもらえましたよ。


参考リンク
ソフトバンクから他社への移転手順
http://www.softbank.jp/mobile/support/cancellation/mnp/

3 Nifmoの「MNP申請申込フォーム」にてMNP転出の手続きをする。(MNP番号、ニフティの契約番号が必要)

f:id:mtansince2001:20160107124025j:plain

この時点でMNP番号の期限まで12日以上ある事が必要ですので、このような通知が来てからMNP予約番号を電話で取得した方が楽かもしれません。私の場合、ニフティからの郵便が、年末年始という事もあって、常に遅れがちで苦労しました。

NifMoのサイトでMNP手続きしろよ~って郵便が個人宛に来たんですが、手続きに必要な契約番号が分からない状態でした。

サポートに電話したらそっちの手紙は会社宛に送ったが郵送が遅れてるようだ…という事になりまして、オペレーターさんに口頭で教えてもらいました。BA******でした。

MNP予約番号、ニフティの契約番号の二つが揃ってこの手続きが可能です。

4 ニフティの利用が始めてだとニフティID、パスワードが送られてくる(私の場合これが1週間以上遅れた)

私の場合は先にSIMカードが届いて、このニフティIDとパスワードの書類が届くまで1週間以上も待たされました。お正月を挟んだ年末年始だとこんなに遅れるんですね。四国の徳島という場所も時間が掛かった要因かもです。

サポートに電話すると、IDは教えてくれますが、パスワードに関しては口頭では無理との事で、ひたすらIDとパスワードが書かれた書物の到着を待ちました。(どっかで行方不明になったのかも…と)念のため速達で再送してもらったんですが結局同じ日に届きました。

本来ならばSIMカードとほぼ同時に届くかと思います。

5 NifmoのSIMカードが送られてくる

これが届いたらいよいよ本番です。

6 NifmoのサイトにアクセスしてニフティID、パスワードでログインして電話の回線切り替えをする

f:id:mtansince2001:20160107124053j:plain

SIMカードと一緒にこんな案内が入っています。自分のタイミングで回線の切り替え作業が出来るわけですね。

f:id:mtansince2001:20160106132323j:plain

まだソフトバンクの状態。

回線切り替えの手続きをすると、しばらく(私の場合は10分くらいで)して、フッと圏外になりました。圏外になった時点でsoftbank正式解約、Nifmoの契約が正式に始まった事になります。

f:id:mtansince2001:20160106132733j:plain

圏外になりました。こうなると電話が出来なくなります。

7 携帯が圏外になったらSIMカードの入れ替えをする

ここで0で用意した解除アダプタを使います。 

f:id:mtansince2001:20160106132452j:plain

これがトレー。これにチップのようなものをのせます。

f:id:mtansince2001:20160106132506j:plain

こんな感じになります。この上にNifMoから送られてきたSIMカードを乗せます。これだけでSIMロックが解除できるようです。

f:id:mtansince2001:20160106132555j:plain

こんな感じ。この状態でiPhone4sの横にある小さな穴にピンをさしてソフトバンクのSIMカードを取り出して、このセットを入れ替わりにセットします。

f:id:mtansince2001:20160106132624j:plain

そうすると検索中になり、しばらくすると

f:id:mtansince2001:20160106161926j:plain

表示がDocomoになりました!最初の頃に何度かやった時はうまくいかなかったのでこちらのブログにも失敗!って書いたんですが、その後時間をおいてしつこくSIMカードを入れたり抜いたり、電源を入れたり切ったりしてたらある時に検索中の表示がすごく長くなって10分くらいしたらいつの間にかご覧のようにDocomoになっていました

この状態になったらもう電話は可能です。しかし、これだけではデータ通信(ようするにネット)はまだ出来ません。

8 APNの設定(※ここが一番重要です)

ここが最後にして一番苦労しました。softbank iPhone4sでNifmoだとおそらくココで行き詰まるんですが突破可能です。

なお、iPhone5とかiPhone6なら普通にマニュアルに従って、Nifmoのサイトからプロファイル(iPhoneに自動的APNを書き込みしてくれる便利なファイル)というものをダウンロードしてインストールすればすぐネットに繋がります。

しかしiPhone4sだとそのプロファイルをインストールしても適合してないので繋がらないんです。

f:id:mtansince2001:20160106215804j:plain

こんな感じ。一時は絶望しました。でも大丈夫ですからね。

ようするに、NifMoのiPhone用プロファイルってのはLTE用しか用意されていないんですよ。なのでiPhone4sの仕様である3G用のAPNを入力できさえすれば繋がるはずなんです。

でも、ここで問題が発生します。Androidだと手動で入力できるAPN設定が、iPhoneだと出来ないんですよ。ええ~なんじゃそりゃ。

そこで、なんとかiPhoneでも手動でAPN設定が出来るツールを探しました。以前は本家Appleのサイトで「iphone構成ユーティリティ windows版」というソフトがダウンロード出来ていたようなのですが、一昨年あたりからMac版のみになってしまったらしく、windows版が消えてしまったようなのです…。げげ…万事休すか!?…と私も思いました。

しかし、そこに救いの神が!

fortunevillage.wordpress.com

なんと、こちらの方が「APNが登録出来なくて困っている人がいるのでは?と思い自分でサイトを作成してみました(下記URL)」

APN Download

…という事でiPhone4sへSafariでこのサイトにアクセスして、あとは以下の情報を入力してください(これはNifmoの場合です。他の格安携帯だったらその会社の3Gのプロファイルを入力すればOKです)。

Display Name

好きな名前でOK(NifmoとかでOK)

APN(アクセスポイントアドレス)

mdb.nifty.com

USERNAME(アクセスポイント・ユーザー名)アクセスポイントに接続するためのユーザ名

mdb@nifty

PASSWORD(アクセスポイント・パスワード)アクセスポイントに接続するためのパスワード

nifty

ここはパスワードなので実際の画面上には*****のように表示されます。

入力したら「Create Profile」のボタンをタップすると、入力した内容でプロファイルを作成してくれてダウンロードされます。その後、そのプロファイルをインストールすればOKです。

これで3G用のプロファイルがiPhone4sにインストールされてデータ通信が出来る状態になっているはずです…。テキトーにお気に入りのサイトに繋いでみましょう…。ドキドキ…。

9 3Gでデータ通信も出来ればすべて完了

私の場合、3Gデータ通信が出来たのが夜の11時20分くらいだったと思うんですが、一人で歓喜の雄たけびをあげて、グハハ~と笑っていました(笑)。電気機器の接続とか、どうしても分からなかったパソコンの設定がうまくいった時ってめっちゃ嬉しいですよね。

f:id:mtansince2001:20160106234119j:plain

これが3G通信出来た証明。画面上部にNTT Docomo 3Gという表記があり、なおかつ、サイトがきちんと表示されております。テキトーにリンクをクリックしてよそのサイトにもサーフィン出来ます。やった、成功です。バンザーイ!

そんなわけで長くなりましたが、softbank版iPhone4sをNifmoで使えるようにする手順は以上で終了です。私がいろんな方のサイトを参考にしてどうにかsoftbank版iPhone4sを格安携帯にする事が出来ましたので、このまとめがかつての私のように、困ってる人のお役に立てれば幸いです。

 

※追記(2017/1/6)

あれからもう1年経ったんですねえ。iPhone4sのSIM下駄はとても安定しています(3Gだからというのもあるでしょうが)。その後、妻のiPhone5をSIM下駄してみましたが、やはり圏外病というのがたまに発生します。それに比べてiPhone4sの安定感はピカイチです。一度設定に成功すれば基本的にはまず圏外にはならないです。iPhone4sのSIM下駄、オススメです。

 

【PR】良かったら、こちらのバナーからNifMoのサイトへどうぞ

=======

【PR】G-CALL紹介制度

いい事ずくめの格安携帯ですが、弱点もあります。それは音声通話の電話料金。だいたいどこでも30秒で21円掛かります。これに関してはキャリアの音声プランに負けている事が多いです。ですが、その格安携帯唯一とも言える弱点をカバーするサービスがあります。それがG-Callです。

G-Callは登録された電話番号(つまり自分の電話番号)から電話する時に30秒10円になるサービスです。なんと通常の半額。これでかなり弱点がカバーです。楽天でんわも同じようなサービスですが、楽天でんわは法人が加入できないのとクレジット支払いのみになっています。

一方、G-Callは法人でも加入可能、クレジットはもちろんですが口座引き落としもOK。ついでに固定電話の登録もOK。かなり何でもありの良心的なサービスです。詳しくは私の過去のエントリーをご覧ください。

f:id:mtansince2001:20160123135310j:plain

G-Callには紹介者制度があります。紹介者と申込者の双方にG-Callで使えるポイントが250Pずつが入ってくるWIN-WINの制度です。登録は簡単、申し込みフォームにある紹介者制度の欄に、私の番号である1248594と、ご入力下さい。あとの「紹介者の名前」「電話番号」は空欄でも大丈夫だそうです。良かったらお願いします。

※どなたか私の番号で加入くださったようで私にもポイントが入っていました。この場をお借りしてお礼申し上げます。ありがとうございました。

 

G-Call簡単無料登録 お申込みフォーム