徳島で暮らして

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

徳島で暮らして

徳島で暮らしている人々や、徳島での出来事について書いています

徳島でも雪は降ります

f:id:mtansince2001:20160119093004j:plain

比較的温暖な気候であまり雪が降らない徳島市内でも今朝(2016年1月19日)は雪がしんしんと降っています。

※追記 この一週間後の2016年1月24日には徳島市内でも降雪・積雪や路面凍結がありました

徳島県は南部と北部、西部と東部、そして平野部と山間部で、それぞれかなり気候が違っていて、そんなに距離は離れていないのに全然天気が違う事がままあります。

徳島平野に当たる地域は典型的な海洋性気候で、年中温暖で放射冷却が起きにくく氷点下まで下がることは稀である。日照時間が全国でも指折りの多い地域である。徳島市や吉野川市のある吉野川以南の地域は瀬戸内海式気候に属するが、梅雨、秋雨、台風やそれに伴う太平洋からの湿った気流の影響を夏から秋に受けやすいため、一般的な瀬戸内海式気候とはやや異なる。鳴門市や阿波市付近の吉野川以北に当たる地域は典型的な瀬戸内海式気候となっており、温暖少雨である。山間部(勝浦郡付近)は県南部の気候に近く朝晩は冷え込み、平野部に比べると降水量も多く、南海型太平洋側気候に属する。(Wikiの徳島市より引用)

 一昨年の12月、徳島市ではなんでもないのに、徳島県西部では大雪になり多くの集落で孤立状態が続いたのは記憶に新しいです。

地球温暖化は、温暖化だけでなく、一方で雪が降るときは半端ない…というように異常気象も引き起こしてるように感じます。

今日の徳島市、市街地の道路では積もるまではいかないと思いますが、少し山間部に入ったり、あまりクルマが通らない道だと凍っていたりする事もあると思いますので、クルマで走行される方はご用心ください。