徳島で暮らして

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

徳島で暮らして

徳島で暮らしている人々や、徳島での出来事について書いています

5年前の無力な私

他地域の話題

これが2011年3月11日14:50の私のツイート。

 

同じく2011年3月11日14:50の私のツイート。以降、震災直後のツイートが続きます。

5年前、私は独立に向けて年末で会社を退職し、6月の会社設立まで半年間失業保険で遊ぼうとニート生活を満喫していました。

3月11日は家でダラダラとネットをしていたと思います。その時にツイートにあったように船に乗ってるような大きな大きな揺れが2分くらい名古屋(正確には名古屋近郊の東海市)でもありました。

何もできないけど、せめてツイッターの知り合いの方が東北の太平洋側沿岸にいたら…と思い、逃げて逃げてと連呼(連打)していました。

今でこそ、沿岸1~2kmまで津波が来た…とか、10~20mの津波が来た…というのが事実として認識出来ていますけど、あのリアルタイムでテレビで見た映像はまさに想像を超えていました…。町ごと跡形なかったですもんね…。

 

震災から一週間くらいした頃に、タンクローリーの運転手が足りない…と何かで目にしたので、前職でタンクローリー運送に携わっていた身(事務職だったが、現場にも頻繁に運転手としてもいっていたので)としては何かこんな私でも役に立てるかも…と思ったのですが、足りないのはガソリンの運転手…という事で自分の専門だったケミカルタンクローリーではなかったので残念な気持ちになりました。

 

その年の6月に私は徳島に移住しました。徳島でも南海大地震が来る…という事が言われており、防災意識が高まっています。私の住んでいるところは徳島駅からほど近いところですが、東日本大震災クラスの大地震が来たら、このあたりまで水が押し寄せてくる可能性は高いです(新町川も近いですし)。

災害は忘れた頃にやってくる…。この5年間の間に結婚もして、息子も出来て、自分だけの気楽な身ではなくなりました。普段から、いざという時はどうするかを家族で話しておかないと…と改めて思います。

 

亡くなった方へのご冥福をお祈りします。

そして現在でも非難生活を続けていらっしゃる方もいる…という事で、その方たちが故郷に戻れる日が来るといいな…と願わずにはいられません。