徳島で暮らして

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

徳島で暮らして

徳島で暮らしている人々や、徳島での出来事について書いています

徳島ヴォルティス対モンテディオ山形は2-2の引き分け

徳島ヴォルティス

開幕戦は先制しながらも後半ロスタイムに2失点してまさかの逆転負け。2戦目は膠着状態の中、コーナーキックから失点して敗戦。もう負けられない3戦目となった徳島ヴォルティス、相手はモンテディオ山形。

 

f:id:mtansince2001:20160313211024j:plain

この日が徳島ヴォルティスチアリーディング部ブルースピリット卒業式となった、徳島出身在住のアイドル上野優華ちゃん。曲間に水を飲むところで照れているところです。

f:id:mtansince2001:20160313211144j:plain

デビューしてもう3年になるんですね。少しずつ活躍の場を広げています。かなり地道な活動を継続してファンを増やしています。

f:id:mtansince2001:20160313211348j:plain

歌か女優か、現在は両睨みの活動ってところですね。今後の活躍も期待しましょう。

 

f:id:mtansince2001:20160313211544j:plain

はるばる山形から駆けつけた山形サポーター。今日は水増しはないようです。

 

f:id:mtansince2001:20160313211631j:plain

スタジアム裏の駐車場、かなり埋まっていますが今日も観客は4300名。約4000名が勝っても負けても来るシーズンパス持ちの私らみたいな層なんでしょう。ここから増やすには、勝たないとお客さん増えないですよね…。

 

f:id:mtansince2001:20160313211855j:plain

試合開始前の円陣が解かれた後。気合が入る徳島イレブン。

 

f:id:mtansince2001:20160313211936j:plain

当事者意識の男、トミダイこと富田大介。しかし、今日は2失点目に繋がるミス。あそこでの蹴りそこないは痛かった…。トミダイもどちらかと言えばセンターバックの方が良さそうな感じなので、左SBだといろいろ厳しいか…。

 

前半は序盤に山崎がヘディングシュートしただけしか見せ場がなく、守備が要所要所でミスしてディエゴに連発を喰らって2失点。開幕後で一番悪い内容となってしまった。

 

f:id:mtansince2001:20160313212319j:plain

ハーフタイム。曇り空の寒い中なのに何故か水を撒くポカリスエットスタジアム。その狙いは…?

f:id:mtansince2001:20160313213353j:plain

さすがにこれではどうにもならんと長島監督、思いきって後半アタマから、内田と木村を入れてシステムを変更。

後半はさすがに攻めるしかない徳島がある程度は押すがクロスの精度が相変わらず悪く決定機がない…。

 

そんな中、一瞬のスキに木村から山崎への縦パスが通る。しかし、相手DFは3人…。ちょっと厳しいか…と思った瞬間、山形DFが脚を滑らせる!そこを突いて自分の型に持ち込んだ山崎が左脚を一閃!GK山岸の指先をかすめて見事にゴール!

そうか、さっきの放水は相手DFを滑らせるものだったのか…。恐ろしい罠を仕掛けたポカリスエットスタジアム。

?

 

f:id:mtansince2001:20160313212712j:plain

 

そしてそこから何分かした後、今度は岩尾から山崎に見事な縦パス。これを前を向いて受けた山崎がドリブルで相手DFを振り切ってシュート!山岸の脇を抜けて見事にゴール!

希望のかけらもなかった前半から、見事に2得点で追いついた徳島!

 

しかし、ここから3点目を奪えるだけの力はなく、最後の方はまた山形に押され気味になりどうにかしのいだところで試合終了…。

 

ただ、完全な負け試合を追いついただけにスタジアムの雰囲気は「まあ許してやるよ」的な感じか。

f:id:mtansince2001:20160313213021j:plain

 

0-2から追いついた事は良かったですが、勝ち点はわずか1。やはりサッカーはいかに勝ちきるか…というゲームです。まだ時間は十分あっただけにあそこから追加点が奪えないところがまだまだ力不足です。

ただ、3連敗するのと0-2から追い付くのとではまったく違うのも事実。この後のトレーニングの雰囲気も良くなっていくでしょう。

 

J1昇格…と言えるような立場じゃなく、とにかく目先の試合を頑張っていくしかないですね。まずは早く今期初勝利を…。

負けなくて良かった山形戦でした。