徳島で暮らして

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

徳島で暮らして

徳島で暮らしている人々や、徳島での出来事について書いています

淡路島はカオスな魅力でいっぱい

日曜日は正月以来、淡路島に行ってきました。

淡路島の首都ともいえる洲本の商店街を回ってみました。

 

イオン洲本店は2時間まで無料、1000円買い物すれば60分券をつけてくれます(サービスカウンターにて)。

 

なので、堂々とイオンに停めて散策です。イオンの目の前にあるこちらの床屋さん。よく見てください。クワガタ販売中ってあります。

f:id:mtansince2001:20160627204235j:plain

 

ね、いきなり楽しいでしょ。なぜ床屋にクワガタ!?とか深く考えないのが淡路島のコツです。

f:id:mtansince2001:20160627204422j:plain

 

正月に記事を書いて、当ブログのロングヒット記事になっているこの「淡路島洲本のラーメン屋らぁ麺こむぎで何があったのか?」の記事。


その後が気になって尋ねてみました…。ああ、正月にはまだあった「こむぎ」の文字が完全に消されています…。どうも完全閉店してしまったようですね…。一体何があったのでしょうね…。ほんとに謎です。

f:id:mtansince2001:20160627204506j:plain

気を取り直して商店街へ。

どうですか、綺麗な石畳でしょう。アーケードの屋根も明かりをよく入れてとても開放的です。いいアーケードだなあ。

f:id:mtansince2001:20160627204914j:plain

 

スポーツコミュニティ淡路島。トレーニング器具がたくさん並べてありました。

f:id:mtansince2001:20160627205057j:plain

 

広場の照明にはツバメの巣、そしてヒナが餌を待っていました。

f:id:mtansince2001:20160627205138j:plain

 

純喫茶店。

f:id:mtansince2001:20160627205230j:plain

 

いかにも街のパン屋さんといった風情の「LONDON」。

f:id:mtansince2001:20160627205257j:plain

 

しかし、アーケードをもう少し進むと風景が変わってきます…。

こちら「ねぼけ堂」さん。昭和風情な駄菓子屋さん。

f:id:mtansince2001:20160627205325j:plain

 

吊るされた秤が泣かせます。

f:id:mtansince2001:20160627205416j:plain

 

金物屋さん。

f:id:mtansince2001:20160627205502j:plain

 

文房具屋さん。私が子供の頃はこんな感じでしたね~。

f:id:mtansince2001:20160627205518j:plain

 

まるみ堂さんも駄菓子屋さん。

f:id:mtansince2001:20160627205615j:plain

 

立派な仏壇屋さん。

f:id:mtansince2001:20160627205554j:plain

 

メリヤス綿布製品 藤川雑貨店

f:id:mtansince2001:20160627205654j:plain

 

床屋さんの「さんぱつ かたおか」。もう昭和でしかありません。

f:id:mtansince2001:20160627205749j:plain

 

最初のモダンな石畳からこの終点8丁目商店街まで約300mくらいですかね。進むたびに時代が1年ごとタイムスリップしていく感じですよ、冗談抜きで。

f:id:mtansince2001:20160627205836j:plain

 

さて、再び石畳の商店街に戻ります。この石畳商店街の最初の横道が「洲本レトロこみち」と言います。こちらは再生委員会さんがいるようで、賑わいつくりに取り組んでいる一角のようです。

f:id:mtansince2001:20160627210134j:plain

 

食堂の「福助亭」さん。

f:id:mtansince2001:20160627210324j:plain

 

その横にあるのがジェラード(アイスクリーム)屋さんのジェラート ピッコロット (GELATO PICCOLOTTO)さん。

f:id:mtansince2001:20160627210554j:plain

 

外の看板。

f:id:mtansince2001:20160627210707j:plain

 

そして店内の看板。

f:id:mtansince2001:20160627210716j:plain

 

小さいお店ながらも座席は10くらいありました。

f:id:mtansince2001:20160627210738j:plain

 

カウンター。こちらで注文をします。

f:id:mtansince2001:20160627210839j:plain

 

なんか微妙な写りになってしまいましたが、「濃厚ミルクと岩塩とオリーブオイル」のアイスクリーム。コクがめちゃくちゃあります。

f:id:mtansince2001:20160627210901j:plain

 

奥さんが食べていた「紅茶とミルク」のハーフハーフ。うめえうめえと泣きながら言ってました。

f:id:mtansince2001:20160627211024j:plain

 

レトロこみち、ほかにもこんな隠れ家的な「たねさん-s kitchen」。

f:id:mtansince2001:20160627211125j:plain

 

角地の食堂屋さん。

f:id:mtansince2001:20160627211310j:plain

 

アロマ屋さん。

f:id:mtansince2001:20160627211330j:plain

 

服屋さん。

f:id:mtansince2001:20160627211343j:plain

 

などなどがあってブラリ散策にもってこいの場所です。まだぎっしりとお店が並んでいるわけではないので、これがぎっしりと詰まるようだったら、ほんと一大観光地になっても不思議のない空間です。

 

お食事はこちらの「まどみ」屋さん。

f:id:mtansince2001:20160627211646j:plain

 

純喫茶風の入り口を入ると…やはり店内もいい感じでした。

f:id:mtansince2001:20160627211724j:plain

 

まどみ定食700円。

f:id:mtansince2001:20160627211745j:plain

 

上手にチキンカツが揚げられていました。

f:id:mtansince2001:20160627211809j:plain

 

1歳半の息子のためにサービスでご飯とフリカケを出して頂きました。ありがとうございます。フリカケご飯をパクパクと食べていました。

 

さらに、洲本イオンの横にはこんな公園が。

f:id:mtansince2001:20160627211114j:plain

 

地面にはクローバーが生えていて、この暑い日だったのですが照り返しがなく息子も気持ちよさそうに遊んでいました。けっこうな広さで幼児を遊ばせるには十分。向こうに見える木陰で親は見守っていましたね。この公園もおすすめです。

f:id:mtansince2001:20160627212024j:plain

 

大阪、神戸の関西圏からも高速道路を使えばは1~2時間以内にここまで来れるはずです。ほかにもローカルな観光地がたくさんある淡路島。関西圏の皆さんはぜひ一度訪れてみてはいかがでしょうか。