徳島で暮らして

徳島で暮らしている人々や、徳島での出来事について書いています

津峯神社の津峯山参詣リフトに乗ってきた

津峯山参詣リフトって知ってる?

津峯神社、徳島県阿南市の津乃峰山山頂にある神社です。けっこう由緒正しい神社のようですが、そんな事よりも2歳八か月の乗り物大好き息子に津峯山参詣リフトに乗せるのが目的でした。

国道55号の阿南バイパスあたりを走ってると、徳島市方面から阿南市橘方面に向かう手前あたりで、右手に見えるわりと高い山にちょこんとあるんですよね。

肉眼でもかすかにリフトを確認する事が出来ますが、知らない人はたぶん気が付かないと思います。知ってても目の悪い人には見えません(苦笑)。それくらいちょこんとあります。

f:id:mtansince2001:20170924221704j:plain

料金所は無人。コインパーキングのようにお金を入れたらゲートが開きます。乗用車は往復で600円。 少しお高いですがこれはもう参拝料だと思ってお布施しましょう。

f:id:mtansince2001:20170924221942j:plain

 

道中はこんな感じ。所々コケが生えていて、くたびれた感は正直否めません。

f:id:mtansince2001:20170924222106j:plain

 

6~7分も走れば山頂付近の比較的広い駐車場に出ます。お正月ならこれくらいのスペースがあっていいのでしょうけど、普段だと完全に宝の持ち腐れ状態的な無駄な…もとい、広大な広さ…。

f:id:mtansince2001:20170924222205j:plain

リフトはイイ感じ

お目当てのリフトは…、ありました!ローカル感ありありでイイ感じです!

※個人の感想です

f:id:mtansince2001:20170924222255j:plain

すぐ脇に神社に通じる階段があります。聞いてはいましたが、やはりかなり急傾斜な階段ですね。わずかな距離とはいえ、脚が不自由な方やご高齢の方にはこの階段はとても厳しいでしょうね。

f:id:mtansince2001:20170924222454j:plain

途中もこんな感じ(リフトから撮影)。

f:id:mtansince2001:20170924222520j:plain

津峯山参詣リフトはゆるい

さて、私と息子はリフトへ…。でも、リフトが止まっています…。一応日曜日なのですが、周りに人の気配はありません…。人がいないとお休みなのか!?少し焦る私…。

近づいてみるとチケット売り場にちゃんとオジちゃんがいました。

「あの~、リフトってやってるんですか?」

「もちろん大丈夫ですよ。」

「あそこのチビ息子を連れていきたいんですが、抱っこヒモとかしたら一緒に乗ってもいいですかね?」

「そんなもん要らないよ、しっかり抱えてくれれば大丈夫大丈夫」

(ゆ、ゆるいな…)

…というわけで、ローカルらしく、そんなにうるさくなくてゆるいです(笑)。

リフトのすぐ下に防護ネットがあるとはいえ、落ち着きがない幼児さんと一緒だったりと心配な方はやはり抱っこヒモをされた方がいいですよ。

※リフト側が緩いといっても、事故になってリフトが廃止になってもいけないので各自で安全装備はしっかりとしてください

津峯山参詣リフトに乗ってみた

リフトは往復500円。距離は180mとの事です。

…というわけで、リフトを動かしてもらって出発!

f:id:mtansince2001:20170924223620j:plain

画像ではイマイチ伝わりませんが、結構な急こう配。古さはありますが特にギシギシ音を立てたりはせずにゆっくりかつスムーズな動きです。

f:id:mtansince2001:20170924223107j:plain

ご覧のようにリフトのすぐ下に防護ネットと通路があり、安心感はあります。ただ、防護ネット越しを見ると、地面までは15mほどあるような感じでして、もし防護ネットがないとかなり恐怖感があったと思います。

f:id:mtansince2001:20170924223327j:plain

5分ほど乗っていると山頂に。山頂ではなぜこんなところに?という感じのお若くて綺麗な巫女さんが出迎えてくれました。一応降りる時にも確認で見てくれてるんですね。

山頂からの景色は素晴らしい!写真ではまったく伝わりませんが大パノラマでございます。

f:id:mtansince2001:20170924230738j:plain

境内はこぢんまり。お店跡らしきものが哀愁をそそります。

f:id:mtansince2001:20170924223853j:plain

 

脇にスカイラインを使わなかった場合の本来の登山道らしき道が…。こりゃ絶対無理だって。見えづらいですが、暗いところも道です…。

f:id:mtansince2001:20170924224549j:plain

本殿はさすがにしっかりとして歴史を感じます。お参りさせて頂きました。

f:id:mtansince2001:20170924223939j:plain

帰りもリフト。我々が帰るとみるや綺麗な巫女さん社殿から出てきてテテテテとリフトに先回り(笑)。巫女さんが安全に乗れるかどうか見てくれています。

リフトからの景色は最高の一言です。ツイッターで動画をUP。

帰りも5分。楽しかった~。

f:id:mtansince2001:20170924224034j:plain

 

f:id:mtansince2001:20170924224250j:plain

遊園地感覚で乗れる楽しいリフトでした。リフトだけなら全然アリ!なんですが、ここに来るまでの津峯スカイライン代往復600円が若干痛いですね。まあ繰り返しですが、スカイライン代は参拝料だと思って納得するしかなさそうです(笑)。

リフトは基本的に年中無休。ただ荒天の日とかは事前に問い合わせとかしといた方が無難です。

津峯山参詣リフトのご案内

津峯神社津峯山参詣リフト
所在地: 〒774-0017 徳島県阿南市見能林町三谷38
電話: 0884-27-0610

以上、津峯山参詣リフトのレポートでした。遊園地好きやマイナースポット好きな方にはオススメ。ちょっとした非日常気分は十分に味わえますよ。

徳島県外の方で、県南の海岸にサーフィンに行かれる方や、マイナースポットの喫茶店「大菩薩峠」さんとかに行く方は、通り道のすぐ脇にありますので良かったら寄ってみてください。

細かい行き方はポータブルナビにお任せしてください。私はもう生産終わってるコレ使ってますけど便利ですよ。新しい道は表示されませんが特に不自由はありません。

※都心部とか新道バンバン作ってる地域は不便かもです